クリニック案内|亀戸脳神経・脊髄クリニック~あたま・くび・腰~|亀戸の脳神経・脊髄クリニック

〒136-0071東京都江東区亀戸6丁目31-6カメイドクロック4階 ドクターズスクエア内
03-5875-2736
ヘッダー画像

クリニック案内

クリニック案内|亀戸脳神経・脊髄クリニック~あたま・くび・腰~|亀戸の脳神経・脊髄クリニック

診療理念

「健康に生活する」というあたりまえの権利を誰もが維持できるように、常日頃より考えていきます

何か体調に異変をきたしたり、病気になったりすることで、今までの日常生活が壊されてしまうことがあります。健康であたりまえだと思っていた毎日が突然できなくなってしまいます。とても不安になることはよくわかります。まずは診察、検査させていただき、「あたりまえの健康に生活する」ということを取り戻すためにどうするべきか、一緒に探っていきましょう。

早期発見、早期診断、早期治療、そして早めの予防

脳や脊髄をはじめとする病気は、少し様子をみることができるものもあれば、一刻も早く治療をはじめなければいけないものもあります。何にしても早めに検査をして異常を見つけ出し、様子をみることができるのか、早めに大きな病院に行って治療をした方がいいのか判断しておくことで、皆さまの心にゆとりを作り出します。
さらには定期的に検査を受けて大丈夫であることを確認することで、明日からまた安心して毎日を送ることができるのです。

やさしい言葉で、繰り返しわかりやすく説明します

症状があることでただでさえ不安なのに、難しい言葉で説明されても、なおさら心配になるばかりです。皆さまにご理解いただけるように、やさしい言葉で、わかりやすく説明するように工夫していきます。疑問に思った点は質問してください。診療後に質問し忘れたことがあれば、スタッフに声をかけていただいても結構です。

医院概要

  • 医院名
    亀戸脳神経・脊髄クリニック~あたま・くび・腰~
  • 住所
    〒136-0071 東京都江東区亀戸6丁目31-6カメイドクロック4階 ドクターズスクエア内
  • お問い合わせ

    TEL.03-5875-2736

    13時30分から14時30分までは昼休みとなっています

  • 診療科目
    脳神経外科
  • 診療時間
    診療時間
    10:00 ~ 13:00
    15:00 ~ 18:00

    土曜日…10:00 ~ 14:00
    休診日…水曜日、第4金曜日、土曜日午後、日曜日、祝日
    初診の方の受付時間:平日:午前は12時30分まで、午後は17時30分まで
              土曜日:13時30分まで

診療カレンダー


クリニックの特徴

1.専門医による診療

専門医による診療

脳神経外科学会専門医、脊髄外科学会専門医の資格をもつ医師が診療をおこないます。手足のしびれや脱力、歩きづらいといった症状の原因には、脳の病気が絡んでいる場合とくびや腰の不具合が影響している場合があります。どちらかはっきりしない場合に、部分的にしか検査をおこなわないと、結局原因がわからずに症状が続いて不安になってしまうこともあります。当クリニックでは、脳神経と脊髄神経の両方を専門に診療をおこなっております。脳から脊髄神経まで広範囲に検査をおこない診断をつけようとすることで、皆さまの悩みの解決になるよう努めていきます。

2.生活習慣病の診察

生活習慣病の診察

脳卒中の既往がある場合、脳血管の動脈硬化が原因となっていることが大半です。さらにその原因となっている生活習慣病の治療が大切になってきます。高血圧、糖尿病、高脂血症といった生活習慣病の治療が十分にできていないと、高率に脳や心臓の病気を併発します。当クリニックでは定期的に脳や脳の血管に異常がないか検査していき、同時に血液検査などにより異常がないかをチェックしていきます。ただし、病態や数値が安定していない方においては、内科できちんと治療していただく必要がありますので紹介いたします

受診の際には、必ずお薬の手帳、血圧手帳(お持ちの方)、健康診断の結果(可能ならば)をご持参ください。

日本人の4割は、骨粗しょう症がありながらも治療されていないという報告があります。背骨や足の骨の骨密度が低い状態で放置しておくと、圧迫骨折や大腿骨骨折などを引き起こし、生活に大きく支障をきたすことになります。

当クリニックでは、最新の骨密度測定器を用いて骨折を起こしやすい腰椎と大腿骨の両方の骨密度を一度に測定できます(検査時間:約10分)。

3.緊急性があれば、当日MRI検査も可能

脳や脊髄神経の病気を疑うならば、画像検査をおこなうことが必要になります。頭の骨や背骨の圧迫骨折を疑う場合や背骨のぐらつき(不安定性)を診るためには、レントゲン検査をおこないます。一方で、脳や脳の血管に異常がないかどうか、脊髄神経や神経のまわりに異常がないかどうかを確認するためには、MRI検査が有効です。

 MRIは磁場が発生しますので、ペースメーカーや神経刺激装置、人工内耳などの金属類が体内に装着されている方の場合は検査ができません。また脳動脈瘤クリップや体内インプラントなどについても、手術をおこなった時期により検査をおこなうことができない場合があります。必ず事前に治療をおこなった病院に、MRI検査が可能かどうかの問い合わせが必要になります。

MRIにおける事故を防ぐために、当クリニックではMRI検査をおこなう前に安全確認のために、問診票への記載を皆さまにお願いしています。

MRI検査は、原則予約制としておりますが、検査時間に空きがある場合は希望に沿って当日おこなうことも可能です。また、強い痛みや手足の麻痺、ろれつがまわらないなどの緊急性を疑わせる症状がある場合には、医師の判断でその場で検査をおこなうこともあります。その場合、緊急の方を優先をし、ご予約の方と順番が前後することもあります飛び込みで行う方の場合は、予約の隙間での検査施行となるためにお待たせする可能性がありますので、ご了承ください。

脊髄病変に対する検査は、痛み等による動きの制限がないかぎり、当日はレントゲン、次回に予約MRIとなります。症状および神経診察を詳細におこなって、頚椎、胸椎、腰椎いずれの部位の撮影とするかを判断します。

脳、脊髄にかかわらずMRI検査をおこなった際には、同日検査結果について説明いたします。

4.安心安全の医療連携

安心安全の医療連携

緊急対応が必要な場合あるいは手術治療を要する病気の場合には、都内の総合病院や大学病院、あるいは専門病院を紹介いたします。千葉方面にお住みの方には、千葉大学医学部附属病院や千葉県内の関連病院を紹介可能です。また脳神経内科など他科の受診希望においても、紹介することができますので、お申しつけください。紹介する際には、紹介状(診療情報提供書)と画像データを作成してお渡しいたします。ただクリニックの混み具合によっては、数日作成にかかる場合がありますので、ご了承ください。

院長は、脊椎脊髄疾患に対して毎週火曜日に東船橋病院(千葉県船橋市)で手術をおこなっております。ご希望のある場合は、そちらで治療することも可能です。

医療法人社団 千葉秀心会 東船橋病院 千葉大学医学部附属病院 江東病院 国立国際医療研究センター

イムス東京葛飾総合病院 順天堂大学医学部附属順天堂医院 東京慈恵会医科大学附属病院

5.駅近く、駐車場完備

駅近く、駐車場完備

電車:JR総武線亀戸駅東口から徒歩2分、京葉道路を渡ってすぐ。駅のエレベーターもしくはエスカレーターを使用される方は亀戸駅北口を出てすぐに左に向かい、ガードをくぐりぬけて左へ徒歩7分。東武亀戸線亀戸駅からも同じルートで行けます。都営新宿線西大島駅A3口より徒歩12分、大島駅A2口より徒歩13分と徒歩圏内。

バス:バスで来られる方は、カメイドクロック目の前に都営バス「水神森」バス停あり。

:駐車場を利用される方は、京葉道路東京方面沿いに駐車場入り口があります。300台収容可能。

*アクセスの検索は「カメイドクロック」で。

初診および再診の方へ

<初診の際に持参していただくもの>

健康保険証:当クリニックでの診療はすべて健康保険が適用されます。

     初診の際および再診でもその月初めての受診の際には、有効期限内の

     健康保険証(コピー不可)をお持ちください。

*保険証をお忘れになった場合は、自費での診療となります。

*転職等による保険証の変更の際には、新しい保険証をご提示ください。

*引っ越し等により保険証の記載内容に変更がある場合は速やかにお申し出ください。

医療受給者証(老人・身障医療、特定疾患等):お持ちの方は、受付にお出しください。

お薬の手帳:当クリニックで処方をおこなう際に重複を避けたり、飲み合わせの有無を確認します。

紹介状(診療情報提供書)および画像データ(CD、DVD):他の医療機関からの紹介状や画像データをお持ちの方は、受付でご提示ください。画像データの容量が多い場合には、電子カルテへの取込に時間がかかりますので、ご了承ください。

妊娠中および妊娠の可能性のある方は、必ず受付にてお申し出ください。

 <再診の際に持参していただくもの>

健康保険証:その月初めての受診の場合には、必ず健康保険証(コピー不可)を持参してください

診察券:毎回必ず持参してください

 *当クリニックでは、個人情報の取り扱いについて、スタッフ一同細心の注意を払っておりますので、どうぞ安心して受診なさってください。

 <診療の流れ>

(1)初診・再診にかかわらず、「新型コロナウイルス感染症対策問診票」を記載していただきます。

(2)初診の場合は「初診問診票」を、再診の場合は経過にて症状に変化があり、医師に伝えるべきことがある場合は「再診問診票」を記載していただきます

「初診問診票」は、頭痛やめまいなどの脳症状の場合と手足のしびれや歩きづらいなどの脊髄症状の場合で問診票が異なりますので、受付でいずれか質問させていただきます。

(3)問診票の記載が終わりましたら、受付にご提示いただき、待合室でお待ちください。

 *混み具合等で診察までに時間がかかりそうな場合は、受付でお名前と携帯番号を記載の上外出することも可能です。診察時間が近くなりましたら、携帯電話にご連絡いたします。またお戻りになられましたら、受付にお申し出ください。

2022年7月28日より、初診の方も翌日以降の診察予約が可能になりました。

お急ぎの症状の方は、当日予約なしでも受診可能です。画像検査も当日可能ですが、混雑具合によっては多少お待ちいただくこともあります

初診予約の電話受付:03-5875-2736

            受付時間:16時~17時(休診日を除く)

                                                                       土曜日:11時~12時30分

再診予約(予約の変更等も含む)の電話受付については、診療時間内(10時~13時、15時~18時)にて受け付けております。

 *会計での支払いについて、2022年8月8日よりクレジットカードでも対応可能になります。

これまで大変ご迷惑をおかけしました。

★費用においてご心配な方は、あらかじめお申し出ください。

(参考例) 初診自己負担費用は、MRI実施の場合、健康保険3割負担として7,000円〜9,000円です。(診療内容により増減します)

車でお越しの際には、駐車場サービス券として1時間分のQRレシートを発行しています。カメイドクロック駐車場をご利用の場合は、必ずお申し出ください。

新型コロナ感染対策

1.距離の確保
  • 待合室のイスは対面しないように配置しています。
  • イスは一つおきに座るようにお願いします。
  • 診察時間まで時間がある場合は、外出することも可能です。時間が近づいてきたら、携帯電話でお呼びいたします。
2.飛沫防止
  • スタッフは全員が必ず不織布マスクを着用して応対しています。同時に、患者様にも院内での不織布マスク着用をお願いしております。不織布マスクをお持ちでない方には、受付で1枚10円で販売しております。
  • 受付カウンターに飛沫防止を目的としたアクリルボードを設けています。
  • 診療時間中は開放して常時換気するとともに、空調管理にて空気が滞らない工夫をしています。
3.接触予防
  • 受付および会計にセンサー式手指消毒用アルコールを設置してあり、ご使用をお願いしています。また受付時に必ず検温をお願いしております。熱がある場合は、再度接触式体温計で測定をお願いいたします。
  • スタッフは定期的な手洗いと一処置ごとの手指アルコール消毒を行っています。

当クリニックにおける感染症対策の詳細はこちらをご覧ください。

クリニック内と設備の紹介

外観

外観

右端(クリニックのロゴ)の扉が自動扉になっています
受付・会計

受付・会計

感染拡大防止のため、アクリル板の仕切りがあります
待合室

待合室

待合室

待合室

診察室

診察室

診察室は2部屋あります。受付側から診察室1、診察室2としています
処置室

処置室

採血、心電図、点滴やブロック治療などをおこないます
レントゲン室

レントゲン室

レントゲン撮影、骨密度測定をおこないます
MRI室

MRI室

脳や脊髄の画像検査をおこないます
更衣室

更衣室

必要がある場合は、MRIや骨密度測定の際に着替えます
化粧室

化粧室

ページトップ