スタッフ紹介|亀戸脳神経・脊髄クリニック~あたま・くび・腰~|亀戸の脳神経・脊髄クリニック

〒136-0071東京都江東区亀戸6丁目31-6カメイドクロック4階 ドクターズスクエア内
03-5875-2736
ヘッダー画像

スタッフ紹介

スタッフ紹介|亀戸脳神経・脊髄クリニック~あたま・くび・腰~|亀戸の脳神経・脊髄クリニック

私の経歴とクリニック開院に至るまで、そしてクリニックへの思い

院長 田宮 亜堂(たみや あどう)

高校生のときに、小説家だった祖父(田宮虎彦、代表作:「足摺岬」「絵本」など)が脳梗塞になり、「今までのように話すことができない」「筆をもつことができない」ことを悲観しながら、その生涯をとじたことを目の当たりにしたことが私にとってすべてのはじまりです。

尊敬していた祖父のいつもと違う姿を見て、「自分として励ますこと以外に何かできなかったのか」ということをずっと自問自答し、それをきっかけに医師、それも脳神経を専門とする脳神経外科をめざすようになりました。

1997年に千葉大学医学部を卒業後、成田赤十字病院、川崎製鉄千葉病院(現千葉メディカルセンター)松戸市立病院(現松戸市立総合医療センター)、千葉労災病院の脳神経外科、救急救命科に勤務しました。

当初は救急医療、血管内治療医をめざしていましたが、医局からのすすめで、2002年より静岡県立総合病院、藤枝平成記念病院にて脊椎脊髄外科医として研修しました。

以降、鎌ヶ谷総合病院脊椎脊髄外科センター、八王子脊椎外科クリニックに勤務し、1日60人の患者様とお話をし、年間600件近くの手術を担当しました。

2017年から千葉大学医学部附属病院、東船橋病院脊椎脊髄センターで外来と手術をしています。日常の診療で頭痛や首の痛み、肩こり、腰痛、そして手足のしびれや痛みといった症状に悩み、そのために仕事、育児、学業や趣味といった日常の営みが阻害されてしまっている人がどれだけ多いのか実感します。そんな方々の肉体的な痛み、そして精神的なつらさ、ストレスをなんとか少しでも減らすことができないものか、という思いをもとに今回この亀戸の地で開業することにしました。

脳や脳血管の異常を早期に発見すること、首や腰の病気、頭痛などによる「痛み、しびれ」などの悩みの解決にクリニックでは力をいれていきます。また「痛み、しびれ」と日常生活習慣との関わりの解明にも取り組み、少しでも皆さまの役に立てるように研鑽を積んでいきたいと思っています。

亀戸脳神経・脊髄クリニック
~あたま・くび・腰~院長 田宮 亜堂
(たみや あどう)

経歴・資格・所属学会

亀戸脳神経・脊髄クリニック~あたま・くび・腰~ 院長
東船橋病院 副院長/脳神経外科/脊椎脊髄センター センター長
千葉大学医学部附属病院 脳神経外科 非常勤講師
1971年東京都出身、私立桐朋高校卒業、千葉大学医学部卒業
脳神経外科学会専門医 脊髄外科学会専門医
日本脳神経外科学会 日本脊髄外科学会
日本抗加齢医学会 日本頭痛学会
日本脳卒中学会 日本脳神経外科認知症学会
日本脳ドック学会
院長 田宮 亜堂(たみや あどう)

亀戸脳神経・脊髄クリニック
~あたま・くび・腰~ 脳神経外科医脳神経外科・脊髄疾患全般および水頭症 辛 寿全
(しん としまさ)

経歴・資格・所属学会

亀戸脳神経・脊髄クリニック~あたま・くび・腰~ 非常勤医師/脳卒中・水頭症
東船橋病院 副院長/脳神経外科医長
千葉県出身、市川学園高校卒業、岩手医科大学医学部卒業
脳神経外科学会専門医 リハビリテーション学会専門医
神経内視鏡技術認定医
日本脳神経外科学会 日本リハビリテーション学会
日本正常圧水頭症学会 日本神経内視鏡学会
日本脳卒中学会
ページトップ