めまい・ふらつき|亀戸脳神経・脊髄クリニック~あたま・くび・腰~|亀戸の脳・脊髄に特化したクリニック

〒136-0071東京都江東区亀戸6丁目31-6カメイドクロック4階 ドクターズスクエア内
03-5875-2736
ヘッダー画像

めまい・ふらつき

めまい・ふらつき|亀戸脳神経・脊髄クリニック~あたま・くび・腰~|亀戸の脳・脊髄に特化したクリニック

めまい・ふらつき

めまい・ふらつき

めまいには、グルグル目がまわる回転性めまいとふわっとするような浮遊性めまいに大きく二つに分けられます。
回転性めまいは文字どおり目が半回転から一回転くらいまわる場合のめまいで、脳や耳に原因があることが多いです。症状の程度によっては、一定方向に体がひっぱられるような感じになるというのもこの種類のめまいに含まれます。体のバランスをとる小脳や脳幹で脳出血や脳梗塞を起こしたり腫瘍ができたりしたときに起きます。また耳の神経(聴神経)に腫瘍ができた場合にも、同様のめまいを起こすことがあります。MRIをとって、めまいの原因を確認することが必要です。脳でなければ、メニエール病や前庭神経炎、良性発作性頭位変換めまい症など耳に絡んだ疾患を考える必要があります。

浮遊性めまいは、ふわっとなるような、意識がボーっとするような感じのめまいです。これは、動脈硬化などで頭の血管が細くなって脳血流が不足した場合、あるいは心臓や自律神経に問題が生じて、血圧が低くなったことで脳に十分血液がいかなくなった場合に起こります。脳や脳血管に異常がないかMRI検査をおこない、心電図で不整脈がないかを調べていきます。

ふらつきの場合は、おもに首から下の体のバランスがとれていない状態を示します。立ち上がって歩き出したら、体が揺れてうまく歩けない状態です。

水頭症やパーキンソン病、また脊髄神経が首の高さで圧迫される頚椎症などが原因として知られています。脳のMRIや首の骨のずれ、脊髄神経の圧迫がないか、レントゲンやMRIをとることをおすすめします。頚椎症の場合は、ふらつきで転びやすくなっていますので、転倒して頚髄損傷を起こして最悪の場合寝たきり状態にならないように気をつける必要があります。

ページトップ