生活習慣病|亀戸脳神経・脊髄クリニック~あたま・くび・腰~|亀戸の脳・脊髄に特化したクリニック

〒136-0071東京都江東区亀戸6丁目31-6カメイドクロック4階 ドクターズスクエア内
03-5875-2736
ヘッダー画像

生活習慣病

生活習慣病|亀戸脳神経・脊髄クリニック~あたま・くび・腰~|亀戸の脳・脊髄に特化したクリニック

脳卒中の原因となる生活習慣病

 脳神経外科であつかう脳卒中とは、脳の血管が詰まって脳が壊死する脳梗塞、脳の血管が破れて脳の中で出血する脳出血の総称です。ほとんどが、脳の血管に動脈硬化という現象が起こり、それが悪化したことで起こります。加齢とともに誰もが動脈硬化になりますが、大切なことは他の原因が加わって動脈硬化が進行して血管の破綻が起きないようにすることです。
 動脈硬化を進行させる他の原因とは何でしょう?それは高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病がほとんどです。そのため当クリニックでは、脳卒中の予防の観点からこれらの生活習慣病の診療もしています。

<生活習慣病とは何でしょうか?>

 生活習慣病とは、私たちが節度をもった生活習慣をおこなっていないことから発症する病気のことをいいます。つまり、不規則で偏食・過食な食生活、運動不足、喫煙・多量の飲酒、睡眠不足や慢性疲労、ストレスなどが原因となっており、その結果、高血圧、糖尿病、脂質異常症などになってしまいます。これらはいずれも自覚症状が出にくく、放置しておくと病状を進行させてしまいます。最初のうちは、無症状であっても血管は常にダメージを受け続け、やがて進行した動脈硬化により血管が破綻して脳卒中をきたしてしまうのです。

<動脈硬化はなかなか症状を出さない怖い病気>

 動脈硬化は全身のあらゆる血管に起こるため、心臓の血管が細くなったり詰まったりすれば、狭心症、心筋梗塞になりますし、手足の動脈が詰まってしまうと、手足が冷たく感じ、挙句の果てに指先が壊死を起こすこともあります。目の動脈に問題が起これば失明にいたるし、腎臓の血管がもろくなれば腎不全から透析になってしまうこともあります。特に、脳卒中は麻痺などで体が不自由になると寝たきりの原因になる可能性があり、また認知症の原因ともなります。
 大事なことは、生活習慣病にならないように動脈硬化を進行させないこと、そして生活習慣病になったとしてもそれをきちんと治療をして悪化させないようにすることです。

<自分の体をケアして予防することが大事>

 生活習慣病を予防するには、日ごろの生活を整え、血圧、コレステロール、血糖値をしっかりコントロールすることが重要です。
 当クリニックでは、脳や脳血管をみるMRI/MRAという検査だけでなく、血液検査や尿検査、心電図で異常ないか現状を把握することができ、そのお手伝いをさせていただきます。また管理栄養士による定期的な食事療法の指導(予約制)も可能です。自分の体の不具合の早期発見のため、心配であればぜひご相談ください。

ページトップ